山形新聞の記事に『咲-Saki-』と『わたモテ』が載った模様wwwwww - たろそく跡地

ヘッドライン



山形新聞の記事に『咲-Saki-』と『わたモテ』が載った模様wwwwww

2014-03-08 アニメ マンガ 咲-saki- 私がモテないのどう考えてもお前らが悪い! 山形 画像

0 コメント



keyvisual.png



249: 風の谷の名無しさん@実況は実況板で 2014/03/08(土) 11:32:26.83 ID:l1QV94gQ0

no title


前置きが長くなったが、今回はジェンダーフリーの問題について考えてみたい
最近考えさせられる漫画を二つ読んだからだ

まずは「咲saki」 これは麻雀漫画である、かつて麻雀を扱ったフィクション作品といえば「麻雀放浪記」二代表されるように、
男の世界だったが、「咲」では主人公はもとよりライバルやチームメイトはほぼ全員女子高生で、男は狂言回し的な役割でしか登場しない。
萌え絵でかかれた彼女たちの制服のスカートは極端に短く、場面によっては肌もあらわ前回取り上げた「艦これ」同様、娘(本物)、たちの前で読むのは躊躇せざるを得ない。


だが、この作品で麻雀を覚えた若者が増えているのだそうだから、萌え絵の効果恐るべしである
ただし懸念もある、「咲」はコアな麻雀愛好家も楽しめる内容になっているのだが、この作品のヒットによって
とにかくどんな分野でも美少女にして、萌え絵で描けばよいという傾向が一層進むことである。
それが現在、もっとも手軽にヒットを生み出す手段になっている事は事実だからだ

さてもうひとつは「わたモテ」である
花の女子高生であるもこっちは、彼氏どころか友達もいない、いわゆる「ぼっち」である。
そんな彼女がモテるようになるために奮闘するのだが、とにかくやることなすこと全て
自意識過剰で裏目にでる、しまいにはミミズをみて、「最初から男がいる」と羨ましがる始末


私見だが、女性が男性よりも明らかに優れ入る点の一つがコミュニケーション能力だと思う
外国語の習得は女性の方が得意だし、新しい環境で友達を作るのも早い。
これまでフィクション作品でぼっちやコミュ障として描かれるのは、ほとんど常に若い男性だった
他人とのコミュニケーションに四苦八苦し、引きこもってネットの世界に没頭したりするのは男性の属性だった
もこっちの自意識過剰ぶりや勘違いぶりは読んでる分には面白いのだが、現実がヒット虚構作品の後追いをすることは決して珍しくない
これまで男性特有のものと思われていた病理に、女性も悩まされる時代がやってくるのだろうか?
何事にもコインと同じように表裏があり、ジェンダーフリーもその例外ではあるまい


257: 風の谷の名無しさん@実況は実況板で 2014/03/08(土) 12:45:33.36 ID:7RNojH2E0

>>249
>現実がヒット虚構作品の後追い
現実が虚構の鏡って思ってるなら病気だろ、この記者


258: 風の谷の名無しさん@実況は実況板で 2014/03/08(土) 13:00:08.40 ID:1MU7x+790

そもそもいつコミュニケーション不全が男性特有の病理になったんだよ
まぁ思いこみと決め付けで書いてるんだろうけど


引用元: 咲-Saki-全国編 660飜







「咲-Saki- 全国編」 一 (初回特典:新規描き下ろしコミック付き) [Blu-ray]「咲-Saki- 全国編」 一 (初回特典:新規描き下ろしコミック付き) [Blu-ray]
植田佳奈,小清水亜美,釘宮理恵,白石涼子,伊藤静,小野学

ポニーキャニオン 2014-03-19
売り上げランキング : 110

Amazonで詳しく見る

スポンサードリンク




おすすめサイト最新記事
amazonランキング
コメント
  • コメントがありません
コメントする
名前
コメント

他サイトの更新記事

管理人より

現在新URLへ移転作業中です。 http://tarosoku.com/ よろしくお願いします。

カテゴリー別アーカイブ